スポンサーサイト

『盲のキューピッド』 カール・ヴァン・ヴェクテン著

『盲のキューピッド』カール・ヴァン・ヴェクテン著アラステア挿絵恩地源三郎・松本慎介訳 Carl Vav Vechten, photographed by Man Ray, in Paris私の作品の出版者にして友人でもあるアルフレット・クノップに捧げるLa vie est jour de Mi-Careme. Quelques-uns se masquent; moi je ris.CATULLE MENDES人生は謝肉祭のようなもの人々は仮面をつけ、私は笑い興じる(カチュール・マンデス) 第 一 章 ハロルド・プリウェットは黒胡...

連載開始に寄せて 『盲のキューピッド』

『盲のキューピッド』連載開始に寄せて生田耕作と奢灞都館のことなど  一枚のチラシがある。仏文学者の生田耕作が主宰・編集していた神戸の小出版社<奢灞都館>が新たに企画した双書の刊行予告チラシ。 30年ほど昔、1982年春ごろのものだ。双書のタイトルは<アール・デコ文学双書>、冒頭には次のように謳われている。“狂った歳月” Folles Annees ― 1920年代 “装飾的芸術” Art Deco の時代とも呼ばれ、文明が爛熟とデカダンス...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。